機嫌の取りかた

自分の機嫌を取ることで世界を維持する。3歳と1歳の娘と夫と、東京の端で暮らす。

化粧がわからない? だったらIPSAのコスメカウンターに走るんだ!

f:id:fumisiobox:20170902071435j:plain

現在次女の育休中なんですけど、転職しようと思ってます。
って書くと女性向けの意識高い系メディアが寄ってたかって「自分で裁量ある仕事を作る」「出産育児をきっかけに働き方を変える」って記事を打ってきそうですけど、私の場合まぁもうちょっとごにょごにょしているだけです。
育休中に転職するってちょっと正気じゃないですよね。前述のようなポジティブな要因ならまだしも、ごにょごにょですから。姿勢は後ろ向きですし、条件も厳しいですし、でもローンもありますし。
乳飲み子抱えて転職とか無理ゲー。私、お客さん持ってるわけでもないし、自分で仕事作ったりするタイプじゃないんで。そう言うと石が飛んでくるグラフィック・WEB業界で働いています。

しかし転職を決意せざるを得なくなった時にふと鏡見たら、「こいつ採用しねーな」って採用担当者側の声、聞こえてきました。
学生時代は田舎だったので(おかしい、東京出身のはずなのに)みんなジャージで研究室行ったりしてて化粧っ気なし、新卒で零細デザイン事務所に就職してから9年。気づけば33歳になってまともに化粧しないまま、なんだか疲れた感じのするおばちゃんになっていました。
顔全体がのぺーっとして魚だし、特に目の周り、やばい! 唇、まずい! シミ、お前!!

化粧の目的がわからずに消耗してない? 自分に聞いてみた

そこで図書館で美的とかVOCEとか借りてみた。ネットの新作コスメランキングや口コミ、各種メディアや化粧動画も見てみた。
が、これは…オタク分野だ! そしてメディアはオタクしか相手にしていない!(だってお金落としてくれるのはオタクだから)
0から100まで、その貪欲な探究心で情報を掴み取り、取捨選択して研究できる人向けだ。
私はそこまでではない…最初から完全に門前払いをくらいました。

そこで考えてみた。
私は何を求めているんだろう?
どんな化粧品がいい? どんな顔になりたい? どのくらい時間とお金をかけられる?
なんで化粧したいの?

出てきたのは…

  • 会った人に『爽やかな人だな』と思ってもらえる顔になりたい。
  • 顔色が明るく血色良く立体的で、目の周りがキラッとしていて、健康的な唇。
  • でも時間はかけたくない、できればお金は押さえ目で、いつでも買いやすい。
  • 目の周りがゴテゴテするのは苦手、口紅をしょっちゅう付け直すのは面倒。
  • 臆せず自信を持って、自分を綺麗に見せたい!

意外と求めるものが多い割にお金もスキルも時間もないなー。と改めて。

ならば! お金を一点集中して、スキルと時間を手に入れよう!
デパートのコスメカウンター、しかもIPSAのカウンターへ行くことにしました。

ビューティーアドバイザーは超優秀なパーソナルメイク編集者だ!

IPSAとは、肌の個性を見つめ、あなただけの美しさを目指すコスメライン

スキンケアからベースメイク、ポイントメイクまでトータルに女性の美をサポートします。
なんでIPSAなの? と聞かれたら、IPSAを代表するスキンケアの「メタボライザー」がきっかけ。
独身時代、やっぱり自分の肌に関してズボラだった私は、「そろそろ26歳にもなったし、化粧品ジプシーをやめて、デパートコスメ的なものにしないといけないのでは…でもいろいろ揃えると高くつくし工程が増えるのめんどくさすぎ」と後ろ向きな条件でデパートコスメを調べ、結果、化粧水・乳液・美容液が一体となったIPSAの「メタボライザー」に行き着きました。
それが初めてのコスメカウンターデビュー。白を基調としたIPSAの店内には、ビシッと化粧したビューティーアドバイザー(店員さん)が。緊張しました。でも大丈夫、なにせプロだから。
「コスメカウンターが初めてなのでわからない、今まではこうだったけど、こうなりたいので助けてもらえませんか?」と素直に伝えれば、喜んで提案してくれるのです。

IPSAのコスメカウンターではイプサ独自の肌測定器「イプサライザー」で肌をピッと診断。水分・油分量から肌の状態を把握し、なりたい肌に合わせて「メタボライザー」、その他商品を紹介してくれます。
紹介時には詳しい肌レシピ(肌メモ)をもらうことができます。ファイリングしていけば、肌の四季や体調での移り変わりがわかります。やっぱり冬には水分・油分量も減ってましたね。
そう、紹介なんです。紹介だから、ピンとこなかったら「検討します」でいいの。なにせ、それがお仕事なので。
※ずいぶん前のことなので、スキンケア診断は現在実施されているものと違う場合があります。

今回はベース・ポイントメイクなので7年前のスキンケアではないけれど、他にもたくさんのコスメブランドがある中、肌診断・肌レシピは魅力的だし、パッとゴージャスなメイクにも憧れるけど、内から出てくる美を大切にするIPSAの姿勢に惹かれたのです。

で、やってもらった! 疲れた中年が…

f:id:fumisiobox:20170902071729j:plain

こうなった!

f:id:fumisiobox:20170902071315j:plain

わーーー!! ビューティーアドバイザーさんありがとーーー!
おしまい。

欲しい「メイク情報」にたどりつくまでにしたこと

ではなく。
ここにたどり着くためにしたのは…

  • 目的を伝える(転職するので、爽やかでいい人そうに見せたい!)
  • 条件を伝える(なるべく短い工程で、スキンケア・ベースメイクは今回ナシで)
  • 要望を伝える(初心者にもわかりやすく細かい説明を、顔を立体的に、口紅気になる、目の周りが疲れて見えるのをどうにかしたい)

です。
そうすると

  • 肌診断(機械で肌色を診断して合う色を探してくれる)※スキンケアの肌診断とは違う
  • 提案の中からさらになりたいイメージをヒアリング
  • お試し(やり方のポイントを教えてくれながら)

してくれます。
選んだアイテム、やり方のポイントはスキンケア同様に肌レシピにまとめてくれます。

やりたくないメイクしなくてもいい!

私、目の周りのメイクがとっても苦手で。
おそらく目元を触ったり目薬を指す機会が多いからだと思うんだけど、アイラインやマスカラは溶けて真っ黒になるし…
でもやらなきゃいけないのよねー。
目元が疲れてるから、目元をどうにかしないとよりオバさんになっちゃうだろうし。
メイク雑誌を見ても、なんだか最後は全部目の周りをどうにかしなきゃいけないみたいです。そこが若さ・流行を作るって、ほんと!?

そんな思いを知ってか知らずか、IPSAのビューティーアドバイザーさんは
「頬と唇に色を結構入れているので、目元は抑えめに、キラキラするシャドウを入れて、目のキワに濃いめのシャドウをちょっと入れれば、それがアイライン代わりに。目もハッキリしてまつげも濃密なので、マスカラはせずにビューラーで上げる程度で、アイメイクはOKですよ!」
と言ってくれました。
なんとまぁ! そこまで言ってくれるのありがとう!
その通り、シャドウを軽く置いただけで本来の目的『爽やかな人だな』はクリア済みです。でも目元がしっかりしたぶん、「白目のケア」が必要だなと。充血をなくして、前を向くキラキラの瞳を手に入れなければ!
もちろん、目に重点を置きたい人は強めのアイメイクを教えてくれると思いますよ。実際、お隣のカウンターの人も目元重視派でした。

ビューティーアドバイザーさんは、私の顔を編集してくれる

ここまで細かくアドバイスしてくれるなんて、デパートコスメはやはりその分スキルと素敵が含まれている…
これって、私のコスメに対する超優秀な編集者ってことじゃない?
知識がないまま時間を経てしまったので、今からあれやこれや、自分にとって正しいのか正しくないのかわからない情報を雑誌やネットで探すより、バッとお金で手にいれるのはアリかも。
そんな時にパパッと私の顔を編集してくれるビューティーアドバイザーさん、すごいなー!

再現性だって確実! そう、IPSAの商品ならね

さて、いろいろアドバイスいただいた結果IPSAでお買い上げしたのは
デザイニング フェイスカラーパレットです。

f:id:fumisiobox:20170902071409j:plain

チーク・ハイライト・シャドウ・魔法の粉(いわゆるおしろい)がひとつのパレットに入っています。大小のブラシと鏡、つける順番が書かれたシートも入っているので(もちろんお試し時にやり方を教えてくれる)そんなところもズボラにはうれしい。
これで顔の立体感を作り出すのです!
よく「美容院でセットしてもらったら可愛くなったけど、家に帰って自分でやってみたら全然どうにもならない髪型」とかあるじゃないですか。
自分でメイクを再現できなければせっかくのアドバイスとなかなかのお値段のコスメが無意味なので、やり方を覚えているうちに早速実践です。

まずは疲れた中年

f:id:fumisiobox:20170902071330j:plain
それがこんな明るさのある女に!

f:id:fumisiobox:20170902071324j:plain

私グラフィックとWEBのデザイナーをやっているので、 Before→After画像の加工っぷりとか分かっちゃうんですよね。でもこれ、加工してませんから。撮るときの設定や状況も同じ、変なアプリもPhotoshopも使ってません(目隠しだけ)。だけど自然光で綺麗に写るようにはしています。
しているのにこんなにくすんでいるBefore…。
それが明るく立体的に!
本当に教えてもらった通りにやると、またあの顔が作れるんですね!
ちなみにコスメカウンターでのお試し時にはデザイニング フェイスカラーパレットを付属のブラシではなく、大きな化粧用ブラシを使用していたので、付属のブラシでは化粧する場合は気持ち多めにはたいた方がいいかもしれません。

デザイニング フェイスカラーパレット以外にも、化粧下地・コンシーラー・ファウンデーション・口紅もご紹介いただきました。どれもこれもいい…!
特に肌診断だけでなく、ちょっとした心理テストから導き出される口紅の色はやっぱり魅力的だけど…お金…
結局、持っていたファウンデーションは買わず、コンシーラーはどうしてもペンタイプでかわいい柄がよかったのでPaul & Joeを。化粧下地は宮崎あおいCMのSUGAO黄色ベース、口紅はマキアージュのリップティントです。

f:id:fumisiobox:20170902071416j:plainf:id:fumisiobox:20170902071402j:plain

紹介いただいたのと割と似ているのを選んでいるつもりですが、やっぱりちょっと見劣りはするので、いつかIPSAラインで揃えたいなぁ。

まとめ

IPSAでデザイニング フェイスカラーパレットを紹介いただいてから2日目、なんとかズボラでも、育休中にフルメイクしたって誰に見せるわけでもないけど、『爽やかに見えるメイク』は続けています。
ふいに面接に呼ばれても、どんなチャンスをもらっても、いつでも飛び出して臆することなく「こんにちは、まずは話をしませんか?」と言える顔を作っておこうと思います。

にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へにほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ