機嫌の取りかた

自分の機嫌を取ることで世界を維持する。3歳と1歳の娘と夫と、東京の端で暮らす。

外せないアクセサリー…あなたのバストは飾り? それともただの脂肪?

f:id:fumisiobox:20180329172539j:plain

「私がオバさんになっても」と唄いながらオバさんにならないという所業を成し遂げた森高千里ですが、森高よりずっと早い段階でオバさんになってしまった…! と気づいた34歳の誕生日の話をします。

先日34歳の誕生日を迎えさして感慨はないわけですが、付き添い入院の病室に夫と母が祝いに来ました。ケーキを食べたその後、面会時間も終わり次女も寝入る中冷蔵庫にお茶を取りに行った時、鏡の中にそう…いたんです…オバさんが!!

ハッと立ち止まってもう一度見たら、私じゃないですか。というか、オバさんじゃないですか、私。なんというか、もう、圧倒的に放つオーラがオバさんだわー! って感服しちゃって。まじまじと鏡を見つめてしまいました。

この鏡の前を通るのは何百回目となるのに、なぜ今、その鏡に映る自分がオバさんだと気づいたのか不思議だったのですが、しばし観察して気づきました。バストラインの崩壊です。崩壊に伴う腹部との融合、からの腹部の波打ち、そしてぱつぱつの腰回りを通ってのぱつぱつの太もも…。早い話が太ったんです。でも今までも「あー太ったなー」はあれど、「あー、オバさんになったなー」はなかったんです。でも「オバさんになったなー」と思ったのは、やはりバストラインの崩壊がいちばんの原因だと、鏡に映るオバさんこと自分を眺めて確信しました。

長女の妊娠中はふつうにワイヤー入りブラをしていたのですが、後半締め付けが苦しくなりブラトップに。そのまま授乳期はブラトップで過ごしていましたが、断乳後しばしして「これじゃあ女が廃る」とワイヤー入りブラ復活。しばしして次女を妊娠したら、なんかもうきつくてきつくて、早々にブラトップへ。「女なんてどうでもいい。楽チンを取りたい」と産後もブラトップ。断乳後もブラトップ。次女一歳を過ぎてブラトップ…は、ヤバい!! 育休中たるみまくってたわー! 心も体型も、2年ほど毎日洗濯乾燥していたブラトップもたるんでた! たるみ×たるみで、バストラインの崩壊です。

今まで太れど、ブラはちゃんとしてた。でも今回はブラもサボったらあっという間のバストライン崩壊。全体下へ、横へ。逃げた先に脂肪の溜まり場…。本当にびっくりするほど、バストラインが崩れるとオバさんに見えてしまう。胸なんて飾りだと思ってたけど、飾りを身に付けるなら磨いておかないとただの脂肪になる…外せない飾り、それがバスト!!

ぎゃーって思って下着をいろいろ調べましたが、昨今の主流は「楽チン」「自然なつけ心地」なのね。そうじゃなくて私、つけたら綺麗になる下着が早々に欲しいんですけども。と思いつつ、これは結構闇の深い分野だな…と思い、ひとまずAmazonでそこそこの評価の安い補正下着を購入。ブラ部分のない、コルセット+キャミソールみたいなので、胸を引き上げ、腹を引き締め、猫背を改善するという。ブラはやはり現物を試着して購入したいので、まずはバストラインの周りから攻めていこうという作戦です。皆の者、であえであえ〜! がしかしあまり期待はしていません。こんな価格でどうにかなったら…こんな闇深くならないよ(ほんと深い)。

しかしなぜ今、付き添い入院中にバストライン崩壊からのオバさん化に気づいたかと言いますと、入院用にひっつかんだ適当な服が乾燥機で縮れていたからなんですね。もうパッツパツで。入院中じゃなかったら気づかなかった、というか捨ててたくらいの縮みっぷりのを気づかず着ちゃうくらい、自分に注意が向いてなかった。背けてた部分もあるけど、もっと大切にして、自分を見てあげなきゃ…そうひしひしと、34歳の誕生日に思いました。(っていう、向上心系ブログ的なことを書いてみる)

取り急ぎ、合わない服は捨ててまずは体型にあった服を買う、ブラトップではなくちゃんとした下着を買う、退院したら、早々に! こんなに急いでいるのは、退院後に控える転職先への初出社です。なにがアレって、転職先の名刺が写真入り…しかも腰くらいまで…痩せてから撮りたいけど、そしたら何ヶ月・何年名刺持たずに仕事するのよ私、ってことなので、最終的には、うーん、Photoshopかな!