機嫌の取りかた

自分の機嫌を取ることで世界を維持する。3歳と1歳の娘と夫と、東京の端で暮らす。

33歳。クローゼット問題。

シンプルでミニマルな暮らしに憧れすぎてこじらせてはいるのですが fumisiobox.hatenablog.jp 「くらし」の中には「何を着るか」は大きく関わってくるものでありまして、着るものについては近年かなり迷走しています。30歳を過ぎて以前は見向きもしなかった…

1/3の簡単な医療費控除申請(平成29年分から)

医療費控除が1/3(当社比)も簡単になってやがるッ…! 新年早々「医療費集計フォーム Ver 3.0」を見て仰け反りました。そして前のめりになりました。えー、待って待って、変わったところ把握するのとか苦手。 どうやら私の医療費控除面倒ポイントランキング…

あなたの妻はあなたの「明日の燃えるゴミ忘れないようにしなきゃ」という言葉を聞きたいのかもしれない

冷蔵庫とキッチンを大掃除しました。あら、年末の大掃除? 大変よねぇ。いえいえ、年が明けてから、我が家の小姑こと夫の「掃除、しないの?」の目線に耐えかねてしたわけです。 幸いにも年末年始で冷蔵庫の中身はわりと食べていたので、賞味期限切れ(多数…

3歳の長女に好きな男の子ができた

姉さん、事件です。 我が家のアンパンマン狂で食べ物への執着が激しい内弁慶な暴君であるところの3歳の長女に好きな男の子ができました。 風呂でのこと。長女「ママはアナ雪で誰が好きー?」私「えーオラフかなー(適当)」長女「長女ちゃんはねー、アナとエ…

臨月でぎっくり腰になった私から送る言葉

タイトルを見てこのページにたどり着いたぎっくり腰の妊婦さんがいたら、心からお見舞い申し上げます。でもね、ごめん、解決法は書いてない。ひとつアドバイスを送るとしたら、救急車、呼びな。呼んでから、どうにか玄関の鍵を開けな。そこで力尽きていいか…

公園のスマホ地蔵には一眼レフを供えよ

未就学児をお持ちの皆さま、正月も通常モードと変わらない公園行脚、お疲れさまです。 飽きた、飽きたよね、公園。でも子どもは飽きないんだなー! DS覚えるまで飽きないんだなー! 寒いよー、早く帰ってこたつでぬくぬくしようよー。せっかく実家でゴロゴロ…

おせちから、聞こえる。

初めておせち作りました。詰めただけとも言う。いや、ちょっと作った。紅白なますとか。 今まではオイシックスのおせち(ほんと美味しいんで、おせちはオイシックス一択です)を買ってたけど、おせち文化のない夫に「家族4人しかいないんだし、おせちに何万…

大掃除の不用品処分に!カウマエニークでPS4とブランド服を売ってみたレポ

大掃除進んでますか? 我が家は今回「カウマエニーク」を利用しました。CASHやメルカリNowなどに並ぶ、ネット質屋サービスで、家電・ブランド品・ゲーム・楽器の買取を行っています。 どんな仕組み? どんな風な流れで買い取ってもらえるの? そして気になる…

「生活を守る人」は、アンパンマンなんです

アンパンマンの作者・やなせたかし先生の言葉です。生活を守る人、つまり大切な人たちを食べさせているあなたは、正義の味方なんですよ、という話です。 昨日「アンパンマン哲学」についてちょっと気持ち悪いくらい真剣に書いたんですけど、3600字を超えてさ…

大人にこそススメたい。アンパンマン哲学しようぜ!

「2017年一番良かった《映画・ドラマ・アニメ》」は、<それいけ!アンパンマン>です。今年はどっぷり、壮大なアンパンマン哲学にハマりました、という話です。 アンパンマンには哲学が詰まっている アンパンマンといえば、お腹がすいた子に自分の頭のアン…

次女の診断、覆る。人生最悪カードがやってきたかもしれない。

「良いことと悪いこと、どっちから聞きたい?」と問われた時、どちらを選びますか?私は悪いことから聞きます。ハッピーで終わりにしたいので。といっても良いこと悪いこと、結局表裏一体のカードなので、何がどう出ても、何がどうなっても、目の前にあるこ…

疲れたアラサーに、心震える「あの頃」を

(4000字を超えました。イラストいっぱい描いたんでよかったらついでに読んでください)疲れてますか。疲れてますよね。仕事も育児も、大変ながら喜びもあり…なんて重々承知だけど、自分だけの楽しい、ワクワクも大事。でもそれってなんだっけ? 気づいたら…

仕事と家事の両立なんて、ほんとにしたいの?

仕事と家事の両立。したくない。なにせぐうたらなので。洗濯乾燥機は洗濯物を畳んでクローゼットに入れるところまでやるべきだし、炊飯器は自分で米を計量して水を入れて炊き上がったらタッパに分けて冷凍庫に入れるまでするべきだと思うけど、残念ながらテ…

シンプルでミニマルな丁寧でちいさな暮らしを目指さないブログ

あのね、超憧れるに決まってる。シンプルでミニマルな丁寧でちいさな暮らししたいわ! 機能的だけどおしゃれでピッカピカなお部屋で収納術とか披露したいに決まってるじゃん!!整理収納アドバイザー2級の資格とか持ってるよ。おととい大掃除してたら認定証…

ボーナスA判定をもらった夫のモヤモヤ

多くの会社でボーナス支給日のようです。自分の会社のボーナス評価の基準知ってますか? どうやって決められてるか知ってますか?まぁでもわかんないから、最後はコミュニケーション次第かなって話です。 正反対の上長に振り回されるようなボーナス評価でい…

人と比べてしまう時に唱える言葉

人と比べて落ち込むこと、ありますよね?私も以前よりは減ったけれど、育休中だったりそのくせ転職中だったり身分がフラフラしている時に、確かそうな人と対峙すると陥りがちです。バリバリ働いてる人、サボっているのに上手くやってるように見える人、働い…

子どもや後輩にご機嫌取りをさせていた私の失敗

「なんで私が怒ってるかわかる?」怒りをグッと抑えて、相手の成長を願って発したはずのこの言葉。自分で反省点を見出し、改善し、未来で繋げてほしいという願い。のはずが、これって私の機嫌を取らせてるだけじゃないの!? と気付いた話です。 気付いたら…

夫が在宅勤務をすることにした

夫が会社初の在宅勤務をすることにしました。といってもまずは週1日、多くとも週2日だとか。でも何千人の会社で最初の一人になるというのは、なかなか、いやいや、かなり勇気のいることでしょう。だけどやがて自分の生活に合わせた働き方が、気軽に選択でき…

誰かを好きでいるために、自分がご機嫌である大切さ

「好き」を「機嫌をとってもらう」と勘違いしていたために、何度も恋人と別れを繰り返してきました。今子育てを通して「好き」の中身を考え、「好き」の表現方法を考える中で、改めて自分の機嫌を自分でとることが大切だと思った話です。 子どもの好きは、こ…

生きてるだけで、金メダル

人は生まれた時に金メダルを授かり、それを胸に走る中で、周りばかり気になって自分のメダルを見失ったり、涙を流して下を向いた時にメダルの存在を思い出したりするのかもしれません。どんな思いをメダルに刻んで、人生を駆け抜け、それを胸に死んでいくの…

台風に勝る、後厄の夜に

今日は、ブログというか日記というか愚痴というか、そういったものを書きます。 はじめまして、ふみしお(33)後厄です。8ヶ月と3歳の娘と夫と、東京の端で暮らす育休中のグラフィック&WEBデザイナーです。厄払いは次女のお宮参りと同時にしたのですが、ど…

いつだって、最善のことしかできないから

次女がいわゆる障害児になりました。なのでこのブログはこれから療育ブログになります。 ということではなく。あらゆること、あらゆる時、最善のことしかできないよなぁということと、次女かわいい、という話です。 私の知らない、療育の世界 詳しい経緯や病…

3歳の娘が「ママ死んじゃえばいいのにね」と言ったので母に謝ろうと思った話

「ママ死んじゃえばいいのにね」気に入らないことをされた報復でもなく、ただただ愉快に夫に向かってそう話しているところに出くわしました(その後もちろん指導が入ります)。 長女を産んでから3年半弱。お母さん入社3年目「お、こりゃステージが変わったな…

うっかり「自分ブラック企業」になっていた話

「好きで働いてたはずなのに、こんなはずじゃなかった!」「会社に削られてる!」精魂尽き果て育休中に退職と転職を決めた私(33歳)。「働く軸」について考えているうちに、「ひょっとして、自分を削っていたのは自分?」「自分を苦しめて自分ブラック企業…

もう1つの「働く軸」を転職イベントで見つける

転職イベントに行ったら、育休中転職の方向性がぼんやり見えてきた話。 先日「「好きだから仕事ができる」を「働く軸」にはできなかった話」を前後編で書きました。 fumisiobox.hatenablog.jp fumisiobox.hatenablog.jp この前後編の間に「転職イベント」と…

「好きだから仕事ができる」を「働く軸」にはできなかった話【後編】

「働く軸」を前後編で考えています。前編では「好き」を軸に働けるのは非常に限られた条件下であること、「生活」の前に「好き」が折れた瞬間、これからの私の「働く軸」が「無理なく生活ができる」になったエピソードを書きました。 fumisiobox.hatenablog.…

「好きだから仕事ができる」を「働く軸」にはできなかった話【前編】

「働く軸」ってなんですか。働く上で信条にしていること働く場所を選ぶ時に基準にしていること働くことに行き詰まった時現状をどう変えていくか…さまざまな場面で「働く」に対してジャッジを迫られることがあるのですが、そういった時に取捨選択をして、おそ…

子に巡る母の欲を戒める、お盆の由来

お盆は「すべての命に感謝する行事である」という話。お盆というかもはや彼岸の方が近い気もしますけど、お盆の前から描こうと思っていた話が今頃になったのは、次女の入院があります。1ヶ月ほど入退院を繰り返し、何もなくとも2,3年は朝晩に薬を飲む生活に…

30,40代の音楽好きにど真ん中 radikoで聞こう第二ラジオNIKKEI #rn2

あなたがもし30,40代の音楽好きなら、「第二ラジオNIKKEI」ど真ん中、ですよ。日経といえば経済新聞、テレビ。そしてラジオもやっていることを知っていましたか?ラジオNIKKEI、第一・第二のある短波ラジオで、radikoでも聴けます。第一は日経らしい株価・市…

子どもの「いざ」を見極める

子どもを産んで3年、常々「子どもの病気を正しく見極められるのか」心配でした。 「ただの熱だと思ったら大変な病気で重篤な後遺症が残った」「昨日あんなに元気だったのに朝にはもう…」と煽ってくる事例ばかり。 これはどういう状態なのか。大変な兆候を見…