機嫌の取りかた

自分の機嫌を取ることで世界を維持する。3歳と1歳の娘と夫と、東京の端で暮らす。

私の心には、誰にも奪えないオタクがある。

f:id:fumisiobox:20180228053932j:plain

オタクって、キモい。好きなことの話になると超饒舌になるし、金に糸目はつけないし、何かにハマる姿って滑稽でどこか恥ずかしい。でもそうやって敬遠してないで、どうだね、いっそハマってみないかい。もれなくキモくなるけど、同時に世界も、キラキラと輝くかもしれないよ。

先日kiwiさんの朝活記事を読んで

kiwi2018.hatenadiary.jp

うーん、夜更かし体質でロングスリーパーで寝起きの悪い私には無理だろうなと、朝4時に起きられることをただただ尊敬していましたが、私は今日3時に起きました。朝というか、宵が過ぎるか過ぎないか微妙なところですが、目が覚めちゃったんですよ。だって前日21時に寝たからね。そして絶賛朝活中です。

何をしてるかというと、ブログ書いたりアイシングクッキー作ったりです。え、昼間や子どもたちが寝た後とやってることが変わらないって? 違うんです、違うんですよ。集中の度合いが違うんです。昼間は長女保育園、次女おとなしいといえども、常に子ども最優先で用事や安全確保の合間をぬってやるので、とかく没頭できない。そして子ども達が寝た後は、夫がいれば夫とのコミュニケーションを優先したくなるし、自分のことに集中してるとなんだか罪悪感なので没頭できない。でも朝なら。子どもも夫も寝ている朝なら。誰にも邪魔されず、罪悪感もなく没頭できるのです! 朝活すごい! 朝活万歳!

朝活には趣味・オタ活がおすすめです。私、自他共に認める飽き性でして、今までありあとあらゆるものにハマってばーっと散財した挙句飽きて、国敗れてオタ活の痕跡のみありな状態がずっと続いてたので、いちばん好きなことを仕事にすることで、過度な散財を防ぎハマり過ぎない生活を送ってきたんですね。

しかしそうすると仕事がなくなった時、具体的には育休の際やることがなくて、産後の溶けた脳でボーッとしてると気づいたらミヤネ屋が始まってあらお迎えの時間、今日も何もできなかった…何も成し遂げられなかった…と負のループに。

それを打破したのがアイシングクッキーです。これはね、もう、心のブレーキ取っ払うくらいビビビときてしまって、ハマってハマって道具も材料も増殖中。ちなみに「アイシングクッキー」っていうのは色付けした砂糖でクッキーに模様を描くことで、たとえばインスタの#icingcookiesでその繊細でデザイン性が高い世界を垣間見れます。これ食べられるのでモノが残らないという、クラフトにハマるには絶好な条件を満たしてるんです。え、太る? うん。

そんなオタ活に誘い入れたいと思ったのが、手芸やお菓子作りが趣味の友人。案の定、アイシングクッキーには注目していたが、難しそうだったりレッスンは平日昼間だったりするので躊躇してたとのことで、用意するからおいでと誘い出しました。結果、ハマったね、オタクを増やしたよ。彼女もハマった挙句すぐに飽きるパターンを繰り返してきた子で、手芸クラフトの材料だけで引き出しが二段埋まって引いた、とのこと。彼女と一致した見解は、

  • 一見難しそうだけど、やってみると案外できちゃう。
  • しかも仕上がりが結構いい。(おそらくこれがオバちゃんをハメる狡猾なトリック)
  • 没頭してる間の集中力がたまらない。
  • やってると「あれも欲しい、これも欲しい」となってくる。
  • ひとつひとつの材料はそんなに高くない。でもたまると大変な額に。
  • 各階会計で階ごとにリセットされて金銭感覚おかしくなる。
  • 気づいたら沼。

どうです、これクラフトに限らずアニメやゲームや声優等のいわゆるヲタ活もそうでしょう。ハマるって、コンテンツが違うだけでどうなるかはだいたい一緒なのかもしれません。気づいたら沼。ズブズブとその分野にハマっているわけですが、私はそれが大変幸福なことなのではないかと思います。ハマるもの好きなものって、この上ない集中をもたらしてくれるんですよね。没頭って気持ちい。コンテンツそのものより、没頭が気持ちいいのかもしれない。仲間までいたら最高じゃない。

エヴァで「『好きなことばっかりやって生きていけないんだ』というシンジくんのセリフに、ヲタクたちがあまり反応しなくて絶望した」と庵野カントクがぶちぶち言ってたけど、そりゃあそうだな、と最近思います。たぶん「好きなことばっかりやって引きこもりやがって」って世間の認識をひと越えして、「なんかもうしんどい現実からは目を逸らせないし、やるしかないから、趣味でどうにか自分の気を逸らして生きていくんですよ、それを活力に生きるんです」って、それでいいじゃないですか。辛いのを直視しすぎてメンタルやっちゃうよりましです、と、子育てに一回ヤられた私は胸を張って言えます。現実と趣味でバランス取れるとこを見出して、上手く息抜きできる方法を見つけておくのが、凡人として必要です。ホリエモンが言うような、現実を辛くなくできる人なんて、本当にごく限られた優秀な人だけだと思うけどな。もちろん趣味ばかりで現実無視無視はあかんですよ。

なので、ハマればいい。みんな、好きなことを見つけて没頭しよう。ディープにいくもよし、広く知るもよし、認め合いながらどんどんキモくなりましょう。キモくなればなるほど、現実に戻ったとき「よし、がんばろ」って歩き出せるんじゃないかな、と、頼まれもしないのにアシングクッキーのレジュメをA4 5枚にびっしり作った私は思います。夫に「超キモい」って言われました。ありがとう、勲章です。